矯正歯科の案内人

矯正歯科の経験者は語る

歯列矯正をする年齢とは

若い情勢が歯並びを気にかけて歯並びをきれいにしたいと思う際には 歯医者に行き1年間の間に表から見えるワイヤーを装着して、歯列矯正の施術をほどこし 美しい歯並びにしようと努力します。内側からする矯正器具もあるでしょうが、主に見かけるのが 外側に見える矯正器具です。八重歯が可愛いと言われて育ってきても 年ごろになってくると口元が気になってくるものです。幼いころはチャーミングポイントとしてとらえられていても、成長すると気にかかるものなのです。

子供のうちに矯正歯科で相談する

矯正歯科には、歯並びが悪くて困っている人が行くものだと思っている方が多いと思います。しかし実際には、見た目の歯並びは悪くなくても噛み合わせが悪い為に、しっかり噛めないことがあります。大人が矯正歯科に行った場合は、ほとんどがブリッジを使用して歯を動かします。でも子供の場合は、顎の成長を促進するようにマウスピースのような器具を使用しして、歯が生えるスペースを確保したり、上下噛み合わせを整えたりします。この矯正は子供のうちしかできないので、このような矯正が必要かどうかを小さいうちに相談することをお勧めします。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科の無料相談について All rights reserved